長野県松本市の歯医者、小川歯科クリニック。一般 小児 予防 インプラント


TOP > インプラント
小川歯科クリニック インプラント

歯の治療は、いろいろな方法を使い、できる限り歯を大切に残すことがまず基本です。

しかし、残念ですが、すでに重度の歯周病や、むし歯が骨の下にまで進行し、残った根の長さが不十分な場合、外傷などの不慮の事故の場合など、抜歯をする必要があります。
抜歯後は、そのまま放置すると、周囲の歯並びを悪化させ、歯ブラシなどを難しくし、さらにかみ合わせにも問題が現れることがあります。
そのため、抜歯後は代用物で元の歯の状態を再現する必要があります。小川歯科クリニック ブリッジ

その方法の1つに、ブリッジがあります。
抜歯した両隣りの歯を削って、型取りし、セメントで装着する方法です。

この方法の最大の欠点は、健康な歯でも削らなくてはならない点です。

小川歯科クリニック 入れ歯もう1つは入れ歯です。
歯をたくさん削る必要はありませんが、顎の部分と金具が付くため違和感が大きく、食事の後は、入れ歯を外して洗浄する必要があります。
この2つの方法は、健康保険の適用が可能で、抜いた歯の代わりを他の歯や、顎に負担させる方法です。

それに対してインプラントは、失った歯の部分に、チタン製のスクリューを埋め込み、歯と同等なものを作り上げる方法です。
手術を必要とする点と、保険外の治療行為であることが欠点ですが、元の歯と同じように、しっかりとかむことができる点が最大のメリットです。チタンの生体に対する安全性は実証されており、長期的にも問題のない安定した方法であるとの見方が、世界基準です。
すでにアメリカでは、、インプラントが抜歯後の処置の第1選択肢になっています。


インプラント当院では、アメリカ Zimmer Dental社スクリューベントの
認定を受け使用しています。

実際の症例をご覧いただきます。

この患者様は、左下臼歯の欠損にインプラントを2本埋め込ませていただきました。

1次手術で、顎の中に歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を埋め込みました。
術前診断のレントゲン(左)と1次手術終了直後のレントゲン(右)です。

インプラント



インプラント

 

術前にはCT撮影もしていただき、十分な診査の後、手術方針をご説明をいたしました。患者様には安心して手術を受けていただいています。

完全滅菌に心がけ、感染対策を十分とり、ディスポーザブルのものを多く採用しています。

手術は、心電図、血圧、酸素飽和度等のモニターをつけ、監視の下行っています。

 


インプラント完全にフィクスチャーを埋め込み縫合して1次手術を終了します。(左写真)
1次手術終了から下顎は3ヶ月、上顎は6ヶ月の観察期間に入ります。この間、チタンのフィクスチャーと骨が結合し、一体化していきます。

最近は、埋め込み手術から早期に荷重をかけ、早くかめるように被せ物を入れる傾向にありますが、骨との結合に十分な時間を取り、安心して2次手術をお受けいただきたいため、従来からのマニュアル通り、所定の期間お待ちいただきます。ご了解をお願いいたします。



インプラント レントゲン写真2次手術は、歯ぐきからフィクスチャーを貫通させる目的と、インプラント周囲のブラッシングがしやすいように、硬い歯ぐきを形成するためにおこないます。(右写真)



インプラント

2次手術を終えてからは、仮歯で歯ぐきの治癒を十分待って、最終の被せ物をセットいたします。当然、これで終了ではありません。定期的なメインテナンスに通って頂くことになります。

私たちは、インプラントを入れることが目的ではありません。
患者様に長期間にわたって、健康で快適に生活していただくことが重要であり目標と考えています。

ですから、インプラントの周囲にも起こる歯周病(インプラント周囲炎)を、患者様と共に予防してまいります。