長野県松本市の歯科医院、小川歯科クリニック。一般 小児 予防 インプラント 痛くない 削らない 審美 歯科医師・歯科衛生士の求人


TOP > 歯っぴー講座 > 妊婦さん!こんなこと知っていますか?
歯っぴー講座 妊婦さん!こんなこと知っていますか?

歯っぴー講座 歯科衛生士挨拶 こんにちは。
歯科衛生士の田水です。

私は高校生と中学生の子供を持つ母親でもあります。
私が初めて妊娠した時も、何もかもが初めてでいろんな事について勉強しました。
特に歯科治療は誤解されている知識や、全く知られていない内容など不安になることもたくさんあると思います。そんな不安や疑問を少しでも解消してもらえればと思っています。

 

妊娠中の歯科治療

「妊娠中に歯の治療をしても良いの?」
「麻酔やレントゲンは赤ちゃんに影響ないの?」  etc・・・

妊婦さんが歯医者に行く時のポイントについて説明します。不安を解消して受診しましょう!!


痛みや自覚症状がなくても安定期に一度検診を受けましょう!!

安定期に一度検診を受けましょう「妊娠中は、歯の治療を受けない方が良い!」という人がいますが、実は妊娠中にこそ虫歯や病気がある人は治療をし、トラブル予防のケアをすべきなのです。
歯が痛む時・歯ぐきの腫れや出血がある場合は早めに受診し、妊娠していることを伝えたうえで治療を受けましょう!!
また、虫歯や歯周病は自覚症状が出た時にはかなり進行しています。痛みがなくても初期虫歯や歯肉炎であることもあるため、安定期に入ったら一度受診することをお勧めします。

 


受診目安カレンダー

受診目安カレンダー

 


妊娠中の歯科治療 Q & A

レントゲンを撮ってお腹の赤ちゃんに影響しませんか?

放射線量 歯はお腹から場所が離れているのに加え、鉛のエプロンをして頂きますのでお腹の赤ちゃんが被ばくする量は限りなくゼロに近いため赤ちゃんへの被ばくの影響は全くないのに等しい事が分かっています。

地球上で1年間に浴びる自然放射線量は、日本ではおよそ2.3mSV(ミリシーベルト)です。同じ放射線量でデジタルフィルムは150枚以上・パノラマは100枚以上撮影できることになります。
また、デジタルX線装置では従来のX線撮影での1/2~1/10の被ばく量ですみます。さらに防護エプロンの使用でX線を1/100程度の減弱させるため被ばく量は限りなくゼロ近くなります。

 


歯に麻酔注射をしてお腹の赤ちゃんに影響しませんか?

影響しません。
歯科治療に使う麻酔は全身麻酔ではなく局所麻酔です。そのうえ血管収縮剤が入っているため治療する歯の周辺にしか麻酔薬は停滞しません。
歯科領域で使用される局所麻酔薬(キシロカイン)は通常の使用量で催奇形性が認められるものはなく安全に使用できます。(この局所麻酔薬は無痛分娩にも用いられています。)麻酔注射の影響
むしろ疼痛によるストレスを考えると安定期に適切に使用した方が良いと思われます。

 


妊娠中に歯肉から出血するのは我慢するしかないですか?

妊娠中は女性ホルモンの影響を受けたり、つわりでブラッシングが不十分になったりするために歯肉の炎症を引き起こしやすい状態になります。
基本的には口腔清掃とバイオフィルム除去により改善されますので口腔ケアをお勧めします。
妊娠中の歯科検診については是非受けるようにして下さい。

 


むし歯菌が感染するというのは本当ですか?

本当です。
生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内にはむし歯菌(ミュータンス菌)は存在しません。
母親から胎児への唾液を介して伝播することが一番多いので「母子感染」と言われています。
特に食べ物をあらかじめ噛んで子供に与えたりスプーンやお箸を親子で共有する行為によって伝播します。

母親と子供のむし歯の相関

2 才でむし歯の子供はお母さんもむし歯がある割合が非常に高い!!

妊娠中からミュータンス菌などの検査を受け出生前にミュータンス菌を減らし始めることをお勧めします。

 


母親がキシリトールを摂る事でお子さんのむし歯菌が出来にくくなるって本当?

母親がキシリトールを摂っているとむし歯菌が弱ってきて赤ちゃんに感染しにくくなります。
むし歯菌の多い母親にキシリトールを摂ってもらったところ2歳児の時点で母子感染した割合はたった9.7%でした。

キシリトールのガム・タブレットでむし歯をコントロール!!

 


キシリトールの基礎知識

キシリトールは自然界にもごく少量存在します。
イチゴなどのベリー類には乾燥重量100gあたり300mg含まれます。ブロッコリーなどの野菜にも含まれています。
人間の体内にも肝臓のグリクロン酸回路で1日15g程度つくられます。
キシリトールは天然の甘味料といえます。

キシリトールの効果

 


妊娠中にカルシウムをたくさん摂るとこどもの歯は強くなりますか?
妊娠中のカルシウムの摂り方によって子どもの歯の生える時期は変わりますか?
カルシウムの摂りすぎも良くないですか?

カルシウムをたくさん摂ったからといって歯がすごく丈夫になると言うことはないようです。
歯の栄養のためにはカルシウムだけでなくタンパク質・リン・ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランス良く摂る事が大切です。 ちなみに妊娠中に必要なカルシウムの所要量は1日1000mg程度とされています。
偏食が無ければ大丈夫です。1日3食きっちりとゆったりと食べて下さいね。


カルシウムの多い食品

カルシウムは牛乳・乳製品・骨ごと食べる魚・殻を食べるエビ・葉物等に多く含まれます。

カルシウムの多い食品

 


妊娠中のケアについて

女性の一生の中で妊娠期は女性ホルモンの影響によりう蝕(むし歯)をはじめ、口腔内にトラブルを起こしやすい時期です。
ご自身の口腔内疾患に加え歯周病菌・菌産生の炎症物質は早産・低体重児出産の危険リスクとなり、むし歯菌は母子感染により生まれてくるお子さんのう蝕り患リスクを高めることになります。
本来妊娠以前より予防・治療はしておくべきであり、妊娠中の口腔疾患の多くはきちんとした口腔管理が出来ていれば悪化することはありません。
「子を産めば歯を失う」とか「妊娠・出産にカルシウムが多く必要で歯が弱くなった」という伝説的な話がありますが、それは単なる口腔内の手入れの怠りの言い訳でしかないのです。
妊娠を期に検診を受けう蝕・歯周病などの疾患の有無と同時に予防の正しい知識と方法も生まれてくるお子さんのためにも身につけていきましょう

 


妊産婦の方の口腔疾患の基礎知識

“妊娠・出産時にカルシウムが流出し歯が弱くなる・歯を喪失する”というのは伝説的な話です。
しかし「子を産めば歯を失う」などと言われてきたように妊娠期は女性の一生の中で口腔内のトラブルを起こしやすい時期であることは事実です。
その原因は・・・・・

1 女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌が増加
そのためう蝕・歯周病菌の細菌叢・口腔内の血管系・細胞免疫応答に影響を与え、また唾液の分泌量や粘ちょう性も変化する。
それで口腔内はう蝕・歯周病を起こしやすい環境になる。

2 食生活・ライフスタイルが乱れ栄養摂取が偏りがちになる。
例えば、酸味の強い食品・清涼飲料・甘味菓子を摂る頻度が高くなる。

3 子宮の増大により胃が圧迫され少量ずつしか食事が摂取出来ない。
その結果間食の頻度が増える。

4 つわりにより十分に口腔清掃が行えず細菌性プラークが停滞する。

 


妊娠中の歯のケア Q&A

母親が歯周病だと早産や低体重児出産のリスクが高いと言われていますが本当ですか?

歯周病にり患した妊婦はそうでない妊婦に比べて、37週以前の早産や2500g以下の低体重児出産の危険性が7,5倍も高くなります。
歯周病菌が出す内毒素(エンドトキシン)が子宮を収縮させるホルモンに似ているため引き起こすと言われています。

妊娠の健康リスクに喫煙があげられます。
1日20本以上の喫煙者の自然流産の発症率は非喫煙妊娠の2倍以上と言われていますから、歯周病が喫煙以上にハイリスク要因であることがわかります。

 


抗生物質などを服用して赤ちゃんに影響しませんか?

抗生物質で催奇形作用・胎児障害の強い薬
テトラサイクリン系・クロラムフェニコール系・サルファ系

鎮痛剤・・・妊娠後期→酸性非ステロイド性消炎鎮痛薬は避けます。
       妊娠末期→消炎鎮痛薬(抗プロスタグランジン薬)

安全である事が産婦人科医の見解で明らかになっています。

必要な場合には最小限で使うことをお勧めします。